カルブロ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安な二人


テレビ朝日の番組の「ゲストとゲスト」。この番組は、お笑い芸人とミュージシャンが1対1で対談する番組で、好きな番組の1つなんですが、惜しくも、9月で終了することになってしまいました。その中で、今回は、ネプチューンの名倉潤さんとトータス松本さんの2週にわたる対談から面白い部分を書き起こし。二人ともイメージと実際の性格の違いのギャップがあって面白かった。

ゲストとゲスト
http://www.tv-asahi.co.jp/guestguest/


芸人という呼ばれ方に対する抵抗




名倉: 飲みの席じゃないところで、テレビで、お笑いとはとか、しゃべるのとか嫌なんですよ。

トータス: あぁ、えらいねぇ、俺も根っこはそうなんですよ。

名倉: でもアーティストじゃないですか。お笑いの人はそういっちゃダメでしょ。

トータス: お笑いの人もアーティストですよ。俺からしたら。お笑いはアーティストと意識はなんでないの?

名倉: 俺まず、芸人やと思ってないんですよ。自分のこと。タレントだと思ってるんです。テレビタレント。
なんかよく、俺、芸人ですからっていうじゃないですか、それ、恥ずかしくないんかなって・・・。

トータス: 俺からしたら、アーティストって呼ばれる照れがある。

名倉: なんて言われてほしいんですか?

トータス: よくてミュージシャン、普通でいうと、バンドマン、もっと言うと、歌歌い、歌歌いっていう風に自分では
いってるのよ。ロッカーとかいってる人おるやん。ロッカー(笑)ロッカーやて(笑)みたいな。

名倉: その感覚です。芸人って。俺自身、芸がないと思っているので、俺の中で芸人っていったら植木等なんですよね。笑って自分は語らずみんなを幸せにしているっていう。芸人に対するあこがれはあります。




後輩の相談にはのらない




名倉: 後輩の相談は受けますけど、後輩に俺にお笑いの相談はするなというてるんです。
まったく嫌やと。俺、先輩が、後輩にお笑いとはって語る先輩ほど嫌な先輩はおらへんと思ってるんで、知らんと自分で決めろって。
基本、お笑いって、人に聞いた時点で、欽ちゃんじゃないですけど、聞いちゃだめなんですよ。感覚じゃないですか、聞いて覚えることじゃない。
俺はもう救おうとすることを辞めたんですよね、無理やから。救うんなら自分の番組に出すとかあるんですけど、そんなんもできへんし、ただ、応援するよとはいってるんです。勝手にダメだしする先輩はいたんですけど、それが大嫌いで、それを真似せんでおこうと。




Mr.Childrenに対するコンプレックス




名倉: ミスチルは同期としてどういう風に映ってるんですか?

トータス: なんでおれは、桜井和寿じゃないのかと(笑)もう、目の上のたんこぶなんですよ。
デビューの日まで同じで、オーディションの日も同じだし。俺には何が足らんのか?俺の長所は?短所は?と若い時には考えましたよね。だから、歌番組も見ない。見たら考えてしまうから。見なあかんくせに、よう見いひんのね、意気地がないから。

名倉: ある時期から、許せるというか、くやしくない時期がくるわけですよね?

トータス: 自分の中では納得できてないんだけれども、なんで納得しないかというと、自分が持って生まれきたものと、彼らが持って生まれてきたものが、まるっきり違う。俺は自分の景色を見れば良いんだけど、なんとかしてMr.Children、桜井和寿の景色を覗き見ようと、持ってはいけないスケベ根性みたいなものがあって、そこにぶれないで、自分が見ている景色だけ見ていれば、それでええのよ。それに気づき、なんとか今でもこうおる。

名倉: 音楽性とか、Mr.Childrenみたいな曲とは絶対変えていこうってのはあったんですか?

トータス: それはある。まったく違うことはしようとした。ミディアムテンポの泣きのポップスをやろうとしている人がいたら、それにお客さんがものすごくついてるだから、そうじゃないものにお客さんがつくこともあるのよ。だから、こっちは、無責任なとにかくもう頑張れじゃいけど、強い言葉を吐いていこうみたいなヒントにはなった。




関西人嫌いで意気投合




名倉: 健と泰造がどう思っているか分かんないですけど、その俺にそういうライバル心が全くないんですよね。同期は爆笑問題とか・・・まぁ、年上なんですけど、縦の関係がないんでタメ口なんですけど(笑)

そこから、トータスさんの、そもそも関西なのになんで吉本に入らなかったの?という話の流れで。

名倉: これ言うたらほんまに怒られると思うんですけど、僕、関西人が嫌いなんですよ。

トータス: (爆笑)

名倉: この関西根性っていうのが嫌なんです。トータスさんとかは好きなんですよ。

そこから、トータスさんも、関西人嫌いで意気投合

トータス: 俺、これ別、話合わしてるわけでもなんでもなくて、俺も関西人がめっちゃ嫌いやねん。
大阪人代表選手みたいに思われててさぁ、ミュージシャンで大阪代表といえばウルフルズとトータス松本さんじゃないですかって言われるですけど、ちょ待ってくれと、俺、そんな意識でやったことこれっぽっちもないわ。
大阪ストラットみたいな曲歌ってるじゃないですかって言われるんですけど、違うって、俺は、兵庫県の片田舎で生まれて、常にコンプレックスがあって大阪出てきました。大阪に出てきたら、大阪の人間ってめっちゃ滑稽な奴らや、その滑稽な人間を見て、客観的に大阪の人ってこんな変な人だねって書いたのが大阪ストラットなんであって、別に大阪人だ!俺たち!みたいな、みんな集まれ大阪人みたいな、そんなないのよ。
これいったら、ものすごい非難されるんですけど、嫌いっていうのかな、関西気質というのか、さっきいった関西根性かなぁ。

名倉: 個人個人が嫌いというか気質が肌に合わへんというか。だから高校の時に友達に吉本行こうって誘われたときに、やっぱり俺、そのときは関西人が嫌いやったんで、いや、東京にでるわって。まぁ、関西人が嫌いっていうと語弊があるんですけど・・・。

トータス: 俺も最初から意識が東京に向いてて、東京でないとアカンっていう、大阪なんかにおってもしゃあないねん、俺は。東京に行かないと、話にならへんねんって。まぁ、大阪生まれの大阪育ちだったらそこまでならなかったと思うけど。

名倉: だから、おんなじ兵庫だからですよ。兵庫根性ってのがあるんですね(笑)
大阪育ちの大阪生まれだったら吉本行ってると思いますもん。

トータス: 神戸の人間はええと思うねん。神戸やもん。兵庫と言わないかん、この悲しさ。
関西弁やね、大阪?いや、兵庫っていわないかん、この感覚ね。

名倉: 分かります(笑)だから、嗅ぎつけたんだと思います。トータスさんの匂い。




現状に対する不安





名倉: 年重ねるごとにずーっと不安ですよ。OKと思ったときがないですもん。
だから、まず、売れたと思ったことがない。

トータス: どこまでいったら売れたってのが自分でも見えてるわけじゃないってこと?

名倉: 感覚的にないんですよ。俺、50でテレビの世界に生きれるんだろうか?とか、トータスさんは、ウソつかないんでいいんですけど、俺、どう見えてます?

トータス: どうも見えてないわ、名倉潤としてしか。

名倉: 俺って売れてるんですか?

トータス: 売れてるとか売れてないとかじゃなくて、他がおらへん。

名倉: 芸人さんと絡んでていっつも思うんですけど、俺より全員おもろいですよ。毎回。
テレビ出てて失礼なんですけど、自分をおもろいと思ったことがない、俺、おもろいこと一言も言ってないしなぁ。だから芸人じゃないんですよ。タレントなんですよ。テレビって中で生きさしてもらってる。だから普通のことも言いますよって。なんか自分でハードルを下げているかもしれないですけど。トータスさんは不安はないんですか?

トータス: 俺?俺、めちゃめちゃ不安。毎日もう、9時ぐらいになったら不安。

名倉: 将来どうなってるやろっていう不安なんですか?

トータス: 将来に対する不安じゃなくて、明日に対する不安。イケイケでやっているのは、レコーディングの時かライブの最中ぐらい。
楽屋に戻ってきたらもう不安。スタッフとか、わらわらいて、どんな顔してるのかもう不安。
うわ、今日のライブあかんやんってなってて、おつかれさまでした!って笑いながら入ってくると、もう、あぁ、頑張ってくれてるなぁ、俺のためにつくってくれてるなぁ、っていう不安。
まるっきり自分で自分を信用できへんのよ。なんでこんなに不安なんやろな。不安になっててもしょうがないのにね。自分ばっかりが不安がってるのに、こう被害妄想があって、みんな不安がれ!って。

名倉: 俺もそう思います。だから能天気な奴みたら、ちょっとイラってするんですよ。
お前なんでそうやって生きれんの?って。仕事やってて、100点満点だったことが一度もないんですよ。20年間ぐらいやってて。100点取ったことないんですよ。取りたいんですよ、100点。いっつも60点ぐらいなんですよ。いつも、その40点の不安を抱えながら、車に乗って、頭の中でずーっとぐるぐる回ってるんですよ。あぁ、終わった、俺、終わったみたいな。

トータス: 点数がないやん。我々はいったら、視聴率だったり売り上げ枚数だったり、ダウンロード数だったり、そういうものしか、目安がないっていうか、その目安もまた曖昧なもんやんか、その週の、その日の、視聴率、売り上げ枚数が1位か知らんけど、じゃあ、10年後に今だに、「笑えれば」とかいうてくれる人もおる、そしたら笑えればとか別にヒットもなにもせんかったけど、そういってくれるってことは、そのときに、枚数でへこんだ自分はなんだったんだ、あのときなんで、へこむ必要があったんだと。

名倉: そういう経験があるのに、いまだに不安ってことは、たぶん一生そうなんですよ。だから、俺は、自分で言い聞かせてるんですよ、不安な方が生き残れるんじゃないか?って思うようにしようって。
自分で100点取ったときが、ほんまに終わりってことにしようって。

トータス: 肉体的にも、ついていけなくなるし、声も艶がなくなってきてる(笑)

名倉: 僕も、若いときのほうが10年後はこうありたいとかは明確でした。昔はツッコミの言葉がでてきたのにでてこないんですよ。
もう言葉が。40過ぎてから。もっと言葉がボキャブラリーがパッと浮かんでたのに、今、ごちゃごちゃになって浮かばずにとりあえず叫ぶ(笑)。



ビートたけしさんも自分が編集した雑誌「コマネチ」の松本人志さんとの対談にて、35歳以降、例えたい人物が浮かばずに、それが何度もあって「あぁ、終わった」と思ったことがあると書いていて、そこで、記憶する方法を考えて、なんとか補完していたという。無意識にできたものを急に意識化しないといけない苦悩、たとえば呼吸でいえば、鼻詰まり状態の辛さだろうか。



ミュージシャン×芸人の、本音対談 深ボリ
森山直太朗 千原ジュニア(千原兄弟) 平井 堅 吉田 敬(ブラックマヨネーズ) TAKURO(GLAY) 土田晃之 星野 源 徳井義実(チュートリアル)
マガジンハウス
売り上げランキング: 2777



スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://culblo.blog.fc2.com/tb.php/6-2baf45c3

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

カルブロ

カルブロ

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。