カルブロ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒子のバスケの漫画家・藤巻忠俊先生 ~漫画家としての原点から黒子のバスケ連載まで~


「黒子のバスケ オフィシャルファンブック CHARACTERS BIBLE」にて、週刊少年ジャンプで連載している「黒子のバスケ」の作者の藤巻忠俊先生が、漫画家の原点から黒子のバスケを連載している現在までのことについてインタビューをしています。そのなかから、面白いと思った部分をピックアップ。もしかしたら、漫画家志望の人の参考になるかもしれません。



漫画家の原点




藤巻: 中学生の頃に「ドラゴンボール」や「スラムダンク」のイラストを自由帳に描くのが流行っていたんです。それで僕も描いてたんですよ。ある日それを友達が買ってくれまして、一枚百円で。そのとき漠然とああ、絵でお金が稼げるんだなと実感しました(笑)。それが、きっかけといえばきっかけです。

- 漫画という形で初めて作品を描いたのはいつですか?

藤巻: 高校の時に漫研に入部して、まんが甲子園という大会に参加したのですが、そこで描いた作品が初めてです。身内ネタというか、僕自身をベースに脚色させた主人公が、漫画を描きながら「その漫画を描く意味」を自問する・・・という内容だったと思います。で、その時に賞をいただいて・・・

- 全国大会で入賞ですか?

藤巻: 僕の応募した部門は予選もありませんし、応募数も少なかったですから。でもそこで5万円くらい頂き、これはいよよ漫画家にならんと!と(笑)

- それが自身になり、進路がほぼ確定したのですね。

藤巻: 将来像は具体的に見えてきましたが、まだ漫画家を目指して走る覚悟もなかったので、大学に進学したんですよ。でも、いざ進学してみると何となく、卒業してから漫画を描いても遅いかもと不安になって。それで大学を中退して、読切を一本作って応募しました。

- 大胆な決断ですね!その時持ち込んだのが集英社ですか?

藤巻: 大胆というかアホです(笑)。そこで僕の初代担当になる人に見て頂きました。
自信作だったのでその作品を賞に応募したのですが、入賞にかすりもせず・・・。正直ちびりそうでした。
俺もう大学やめちゃったんだけどって(笑)




連載までの苦労の道のり




- 応募作は黒子のバスケの原型となるようなものでした?

藤巻: いや。ファンタジー作品です。このジャンルが好きだというものもありますし、ドラゴンボールなどの作品を幼い頃に読んでいた影響もありました。

- 当時、スポーツ漫画を描く気はなかったのですか?

藤巻: スポーツ、特に僕の好きなゴルフの漫画は最後の切り札だったんです。でもファンタジーに全く手ごたえがなく・・・。それで、満を持して描いたのがゴルフ漫画でした。

- バスケではなく、ゴルフが切り札だったのですか?

藤巻: 高校の頃、テレビで観ていて興味を持ち、大学でゴルフ部に入って完全にはまりました。千葉のゴルフ場でバイトするかたわら、コースを回ることもありました。バスケと同じで、人に誇れるほど上手くないです。

- そしてゴルフ漫画が成功するのですね

藤巻: 幸運にも賞の最終候補に残り、担当に「スポーツでいってみよう」と言われて描いたのが、「黒バス」の原型です。

- 赤マルジャンプに掲載された作品ですね

藤巻: はい。掲載にあたっていくつか手直しはしましたけれど。そこから本誌での連載までは非常に大変でした。アシスタントをしながら色んなパターンの「黒バス」を作っていました。
黒子の相棒がシューターだったり、黒子がやたら明るかったり。日の目を見なかったネームは無数にありますが、会議は全く通りませんでした。

- 連載が決まるまで、どれくらいの時間があったのですか?

藤巻: 1年ちょっとですね。担当に「黒子のネタっていつまで引っ張れるんですか?」と聞いたら「じゃあ、いっそのこと連載用に3話くらいつくってみよう」と言われて、そしたら会議に通りました(笑)

- いよいよ「黒バス」の連載が始まるわけですね。最初は苦労も多かったのでは?

藤巻: 苦労していないポイントを探すほうが難しいですよ!(笑) アシスタント経験が少なくて、仕事場のこととかスタッフとか、細かいことは全て手さぐりで始めました。
とにかく担当に言われるまま部屋を借りて、スタッフを集めて・・・。
あとは日々の仕事に追われるだけ。月日の経つのが早いこと早いこと(笑)




黒子のバスケの作り方




- 作業スケジュールについてお聞きします。ネーム、作画にかかる日数は?

藤巻: まず担当と打ち合わせをして、ネームに2~3日、作画に3~4日くらいです。週2日休めた記憶はありませんね。

- 話を作るときに、気をつけることは?

藤巻: 見せ場です。こんな絵を描きたい!というイメージがまずあって、そこに向けて話を作る感じでしょうか。読切を描いたときから、このパターンで話を作ることが多いです。
それに週刊連載ですから、毎週見せ場を作らないと飽きられてしまいますし。

- では、ストーリーを考えるよりも絵を描くほうが楽しい?

藤巻: どちらも面白いですが、強いて言えば絵を描く方が好きです。良いものができあがったときの手ごたえを、より掴めるのが絵なので。できた時はほとんどないですけど。

- では、キャラクター設定はどのように考えているのですか?

藤巻: 担当と話し合って色々な意見を出し合って、漠然とイメージを描きます。ただ、ビジュアル面から設定を作ることが多いですね。例えば緑間(キャラクター名)だと、メガネをかけているヤツ、青峰(キャラクター名)だと、肌が黒いヤツといった具合に。そこから細かいところを作ります。特に目のデザインから入ることが結構あります。

- 目が大事ということでしょうか?

藤巻: 黒子なんかだと、髪型は普通なわりに目の描き方をちょっと変えようというコンセプトでデザインを考えていったんですよ。赤司(キャラクター名)なんかも怖いという印象を強めるために、ああいう目になりました。

- 「キセキの世代」の名前には、「色」が入っていたりと、ネーミングにもこだわりが?

藤巻: 漫画的な演出効果を狙って、ネーミングにしました。特に「キセキの世代」に関しては、読者に覚えやすい名前にしたいと思いまして。誠凛の2年生も曜日で統一しましたが、こちらはまぁ、遊び心で・・・(笑)。気づいてくれたら嬉しいな、くらいの気持ちでした。

- ネーミングと言えば、黒子たちの必殺技の名前もインパクトが強いですね。

藤巻: 僕が最初にファンタジー漫画を描いていた影響だと思いますが・・・(笑)。技の見た目とか効果から連想して、辞書でそれっぽい名前を見つけてあてはめています。でも、改めて技の名前を見ると、バスケ漫画とは思えないものばかりですね(笑)




スラムダンクとの差別化


バトル漫画だとそこまで比較されないだろうが、スポーツ漫画だと、どうしても過去の大ヒット作と比較されて、自分の作品が下に見られてしまうところだが、藤巻先生にも考えがあった。



- 黒子のバスケを描く上での、テーマを教えてください。

藤巻: 大前提としてスラムダンクと違うことがやりたいというのがあります。ですので、とんでもない技も出すし、エフェクトも派手にしています。青みねの試合ではかめはめ波のようなパスもあります。

(中略)

けっこう漫画を描いていると、ありえんわコレ!ってセルフツッコミを入れています。あと、ツッこめる漫画のほうが面白いのではという考えが僕の中にあります。そのほうが、友達同士で話題にしてもらえますし。

- 最近の漫画はリアリティ重視のスポーツ漫画も増えています。あてその逆をいこうと?

藤巻: それもスラムダンクとの差別化のひとつです。ただし、物理法則を無視しないというルールは決めているんです。青峰のゴール裏からのシュートとか、現実でも100本に1本くらいは入る可能性はあるんです。ただ青峰はそれを100%決めることで突出した存在にさせています。

(中略)

ほかには、分身しているような演出はアリだけど、本当に分身するのはナシとか。ボールが直角に曲がるのはやめようとか。

- インターハイよりウィンターカップを中心に描いていますが、これもスラムダンクとの差別化でしょうか?

藤巻: それ以上に、ウィンターカップの規模が近年非常に大きくなっているので、こっちをメインにしたいという気持ちが僕の中で強かったんです。ただ、黒子たちを青峰に負けさせたかったので、自然とウィンターカップになったのもありますね。



強いて言えば、あえて、逆を突くといったところだろうか。


今後




- では、バスケ以外に描きたいテーマは何でしょうか?

藤巻: ゴルフ漫画はぜひとも描きたいですね。あとはファンタジーにも再挑戦してみたい。僕はもともとスタートの時点でレベルが非常に低かったので、色んなジャンルに朝鮮して成長していきたいと思います。

- 気になる今後の「黒バス」ですが、ヒントだけでも教えてください。

藤巻: 基本的には大団円を目指して考えています。でも、どうせ勝つんでしょ?と思われているんなら・・・

- 負けることもある?

藤巻: そうですね。「どうせ勝つんでしょ」と言われると、負けさせたくなるので(笑)。ただいずれにしても、読者に楽しんでもらえることを第一に考えて描いています。



冨樫義博氏との対談の要点の書き起こしはこちらでも描いています。

冨樫義博の漫画の作り方
http://culblo.blog.fc2.com/blog-entry-2.html


スポンサーサイト

冨樫義博の漫画の作り方

「黒子のバスケ オフィシャルファンブック CHARACTERS BIBLE」にて、週刊少年ジャンプで連載している「黒子のバスケ」の作者の藤巻忠俊先生とHUNTER×HUNTERや幽遊☆白書でおなじみの冨樫義博先生が対談していたのでそのなかから気になった部分をピックアップ。


今年面白かった本ランキング


- バスケ漫画といえば、SLAM DANK(以下、SD)の影響力が大きいでしょうという流れで・・・。



冨樫: 僕も「SD」は大好き。仕事場に「今年面白かった本」のランキングを表にして貼っているんだけど、先日、全巻読み返した「SD」が圧倒的すぎて殿堂入りに(笑)
特に後半からは絵のレベルがとてつもなく上がって・・・。




絵で気をつけている部分




冨樫: うーん、特にないですね。強いて言えば「自分の絵を持たない」ということでしょうか。
その時に描いているシリーズを一番活かせる絵柄に、その都度近づけるようにしています。
で、作品が変われば当然絵も変えていく。あとは「縛り」ですかね。「HH」も、最初の頃はスクリーントーンを使わないようにしていました。
色々大変になってきたので、次第にトーンも使うようになりましたが。

藤巻: なぜ「縛り」を?

冨樫: ぶれるんですよね、縛りがないと。その週に観た映画なり漫画なりが面白いと、試してみたくなる。
だから、ブレーキをかけるという意味もあります。




敵キャラを描くときに気をつけていること




冨樫: 例えば、「HH」の幻影旅団だと、団長は初登場回で一話の最後に出して、効果的なセリフを言わせる。
でも、描いたときは後のことを深く考えてはいないんです。他の団員にしても、「ビジュアル的に被らないよう女の子を入れておくか」程度の考えで最初は出しています。その後で、キャラ同士を僕の脳内で雑談させて「これだ!」という部分を膨らませています。
そういうネームに描かないような部分がコツです。あえて言うなら。
「遊白」のときは全然できなかった。その後、意図的にこのやり方を試したら、手ごたえがあって、描いていて面白いんですよ。
それに、敵キャラは最初から深く考えなくてもいいじゃないですか。後から肉付けしていく方が僕はやりやすい。
主人公側だと、始めにきちんとしたキャラクターを出したうえで皆に乗っかってもらわないといけないので、難しいんですけど。
それに僕、敵キャラが好きだから肩入れが半端ない(笑)




「HUNTER × HUNTER」を連載するうえでの「目標」




冨樫: 「HH」を連載するうえで、僕の目標のひとつは「できる限り長く連載を続ける」ということなんです。
それを考えると主人公は極力シンプルにしようと意識しました。細かく設定すると、ストーリーを考えるときに足かせになるんですよ。
その分、敵のキャラに凝ってますけど、とりあえずボスをしゃべらせて、周りはとりあえず置いておく。
で、ぼんやりと能力とか誰と闘うのかとかを決める。
そこからさらに、今まで誰も描いていない能力に発展させたり、新しい倒され方を考えていきます。

藤巻: 読者の予想の半歩先・・・という感じですね。

冨樫: もっと突き抜けると読者が置いてけぼりになるから、でも、ありもので綺麗にまとめたくはない。
僕はもう40歳を過ぎたけど、暴れたいという意識は捨てたくないし(笑)




アンケートの捉え方




冨樫: アンケートの数字には反映されにくいかもしれないけど、ぶっとんだ描写が好きで、支持してくれる読者も確実に存在するんですよ。
藤巻先生は自分のアンケート結果とか書いてますか

藤巻: はい。あとネームの段階で担当さんやアシスタントさんからも意見を聞いています。でも自信のあった回の評判がいまいちだったり、首をかしげながら作った回が好評だったり、ということが日常茶飯事です。
冨樫先生は読者の声とか予測できたりするのですか?

冨樫: 藤巻先生みたいな経験を積んでいくと、ある日突然分かるようになるんですよ。
僕は、「こういう話だと何票入る」という考察がとにかく好きなんです。
自分と周囲の評価とのズレが生じる原因は、客観的に作品を見ることができるかどうかですね。
半日くらい描いたものを寝かせて、改めて観ると評価がガラッと変わることがあるんですよ。
これを続ければ、「自分はそうでもないけれど、他の人は面白いと思うだろうな。」という考え方にシフトしていけると思います。

藤巻: 難しそうですね・・・・。

冨樫: 人それぞれなので、このやり方はおススメはしません。藤巻先生は周りの方としっかり議論できていますし、そのやり方が真っ当です。むかし、僕の初代担当の方に、自分では120点満点だと思って描いた原稿を55点だといわれたんです。
でも、その理由を聞くとすごく納得できた。自分で客観的に見られるまでに2~3日はかかってしまうから、週刊連載だと難しいですよね。
ただし、自己修正能力を身につければ、作家としてのレベルは確実に上がります。




漫画の作り方




冨樫: 大筋は変えないけど、そこに至るまでのバリエーションをいくつも用意して、ダメなものを切っていくっていう。

冨樫: 僕がやりたいのは、勝つとわかりきっているけれどあえて負ける場合のネームも作ること。
そっちの方が面白くなりそうなら、たとえ担当編集と戦ってでも負ける方をアピールするとか。たとえ通らなくても、ネームを作ったことが必ず本編に生きてきますよ。
二択三択で主人公が悩んでいるのに、作者が予め結論ありきで話を進めているのが見えると、読んでいて冷めるんですよね。
あとはとにかく、担当編集と意見を戦わせて、予定調和だけど「もしかしたら・・・」と思わせる手段を考える。漫画家の腕の見せ所だね。



対談のほかにも、藤巻忠俊先生の漫画家としてルーツから、黒子のバスケを連載する現在までのロングインタビューや黒子のバスケの特別読みきり漫画など読みごたえ抜群な内容となっている。


NARUTOの作者の岸本斉史先生が初顔出しインタビュー

NHKで放送されている「あさイチ」という番組にて、初めて漫画「NARUTO」の作者の岸本斉史先生が顔出ししてインタビューに応じた。以下その書き起こしをしていく。

岸本斉史 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%B8%E6%9C%AC%E6%96%89%E5%8F%B2

画像
ep663881.jpg

ep663882.jpg

ep663883.jpg

ep663884.jpg

ep663885.jpg

ep663886.jpg

ep663887.jpg

ep663888.jpg

動画(リンク切れ注意)
Road to Ninja: Naruto the Movie Interview with Masashi Kishimoto
http://www.youtube.com/watch?v=QVbROMMfYuQ


ナルトを書こうと思ったきっかけは?




岸本:「NARUTO」を描こうと思ったきっかけは、最初はラーメンの話を描こうと思いまして、
ラーメンの麺とスープを絡めたなんかよくわからないラーメンの話を描こうとしたのがきっかけでそれはさすがに子どもにウケないということで主人公のナルトって名前だけ引き継いでナルトにあったものが何かと思ったときに日本のもので忍者がいいかなということで忍者を選びました。




こだわったテーマは?




岸本:「MARUTO」でこだわったところは「認める」「認められたい」みたいな気持ちを描こうというのはあってラーメンのマンガを描こうと思って認められなかったわけですよ。なので、認められたいというテーマみたいなものがボクの中にも結構あって、なかなか最初、担当編集者にマンガを認めてもらえないわけですよ。
ボクも早く認めてもらいたいというのがあって、それを主人公にも気持ちをのっけて描いていくというのがあったので「認める」ということが結構大きなボクの中では描きたい「NARUTO」にとってはこだわってるもの。




意識している読者層は?




岸本: 読者層はもう子どもです。一番見てもらいたいと思って描いているのは、中学2年生の男の子たちというのがボクの中のターゲットとしてあって、ボクはもう中学2年生の男の子の前では土下座してでも見てくれと言いたくなるくらいヤツらには頭が上がらない。中学2年生の男の子たちが持っている感覚というのがボクの中の宝なので、ボク どんどん歳とってるんで、その感覚が薄れてきちゃってるんですけど、中学2年生の男の子に、今ボク、歳とって憧れがあるから、憧れというか、そういう部分をなくしたくないという思いがあって・・・。




中学2年生のときに何かあった?




岸本: ありましたよ。マンガをはじめて描きはじめたときですよ。プロになろうってマジで決めたのは、たぶん中学2年生くらいのときで、ボクにとっては中学2年生というのはちょっと特別なので、そういうふうに、夢をもらった、夢をくれたようなオトナの人たちにマンガ家になろうって思えたそういうふうに思わせてくれた人たちをやっぱり尊敬しているので、ボクもそういう人になりたいと思っていて、今の中学2年生くらいの男の子に、それが今度逆に自分でできたらなというのがあります。




ライバルは?




岸本: ライバルはもういっぱいいます。一人にしぼれないですね。「ジャンプ」で連載されている作家さんは、みんなライバルです。
こわいのは、本当にこわいのは、才能を持っている、まだでてきていない新人ですね。それが一番こわいです。
もうボクは歳とって、どんどんズレていくので、若い子たちに負けないようにやりたいなって思っています。







 | HOME | 

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

カルブロ

カルブロ

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。